福岡の中小企業はホームページを作成するときにどこにいくらのお金を使うべき?

こんにちは。

SENOO商事代表の妹尾です。

ウェブコンサルをやっております。

 

今日は中小企業がホームページを作成する際に、どこにお金を使うべきか!?

ということについて解説していきますね。

 

HPの役割って何?

昔の私はこう思ってました!

 

『お〜めっちゃかっこいいおしゃれなサイト完成したよ〜!!

なんだかんだでこれ作るのに50時間くらいかかってるし、ここでデザインをしっかりさせたからこそあとはもう売れるのを待つだけだ!』

 

しかし、3ヶ月たっても1年たっても変化なしでした。

 

私は、すごく悲しい気持ちになったのを今でも覚えてます。

 

ホームページを作っただけで、勝手にお客様が集まってくると勘違いしてたんですね。

 

そもそもホームページの役割とは、そのお店のことを分かりやすく説明するサイトなんです。

 

 

例えば、福岡の人だったら誰もが知ってる

 

『かば田』

 

福岡県内であればいろんなところに店舗があるし、CMでもよく目にするからみんな知ってます。

明太子の会社ですよね。

 

ではこちらの会社はご存知ですか?

 

『がば頑張るセノさん』

 

いや、全然知りません。

 

これが現実ですよね。

まぁこんなお店はないんですが、こんな感じでホームページを作ったとしてもその

 

『屋号や会社名』

 

が世の中に知られてない、もしくは認知されてないのであれば検索すらされないのです。

このように私は、自分の屋号が世の中の大半の人に認識されてると勘違いしてたので、素晴らしいHPが完成しても1日に4人くらいしかホームページを訪れてくれませんでした^^;笑

 

デザイン?集客どっちが優先?

デザインと集客にどっちを優先させるかにおいては、リアル世界で経営をされてる社長さんであれば簡単な質問でしょう。

明らかに集客ですよね。

 

 

砂漠のど真ん中にイオンがあっても、ほとんど人が来ないのはイメージできるでしょう。

しかもあんなに大きいものを作るのには、それなりのお金がかかりますよね。

(イオン=デザインに力をいれたサイトだと思ってください)

 

逆に、6畳しかないようなお店であったとしても天神に構えていれば圧倒的にこちらの方が集客出来ますよね。

(6畳のお店=デザインにそこまで力をいれてないサイトだと思ってください)

 

このようにリアルの世界では、優先順位が分かる社長さんが多くてもネットの世界になると、先に砂漠に莫大なお金をかけてしまう方もいらっしゃるわけなんです。

 

 

このように私の見解からすると、どれだけ一生懸命デザイン性の良いサイトを作ろうがそこに来てくれるお客様が来てくれないことには意味がないのです。

ある程度の形が出来てしまえば、見込み客を集めて自分の会社が提供してるサービスを認知してもらうことの方が大切なんです。

 

まとめ

かっこいいデザイン、洗練されたそれぞれのページを見たらとても嬉しくなります。

ですが、会社のゴールはそこではありません。

そのホームページを使ってどのように自社のサービスを認識してもらうか!?

ということですよね。

 

ネットを使っての集客方法の基本はこちらの記事にまとめてますのでお時間のある際にご覧になられてください。

福岡の中小企業がSEO対策をするにはどうしたらいいの?

 

サイトの集客が思うように行かない、サイトに来てくれたお客様にどのようにアプローチしたらいいか分からないなど疑問がある場合は下記よりお気軽にお問い合わせください。

 

最初のコメントをしよう

必須