福岡においてのローカルSEOについて(実店舗・お店の周辺でお客様を集める方法)

こんにちは。

SENOO商事代表の妹尾です。

 

この記事ではローカルSEOについて解説して行きます。

 

お金をかけずにお店周辺のお客様を集める方法

自社商品を販売するに当たって、お店の周辺の見込み客に大きなお金をかけないで集客できる方法ってないだろうか?

そういう疑問や悩みがある社長さんは多いと思います。

 

本来であれば、チラシやビラを作って手当たり次第ポスティングするのが王道なのですがなかなかそこに回す予算もないのも現実だと思います。

しかし、ネットを使うことによってお金を使わないで集客することを実現することが出来ます。

 

例えば、ホームページを作ったのになかなかお客さんが見てくれない。

というのはよくあると思います。

 

ですが、ホームページとは別にお店の周辺のお客様だけに自分の扱ってる商品を認識してもらえたら実店舗に足を運んでくれそうですよね。

 

これをローカルSEOと言います。

 

ローカルSEOってなに?

ローカルSEOとは、グーグルに自分のお店を登録することによってその周辺で検索した人に優先して表示させる施策のことを言います。

 

例えば、

 

音声検索で

『近くのほっともっとを教えて』

 

とか

 

検索窓に

『近くのほっともっと』

 

なんて検索をかけたら近い順に、ほっともっとを教えてくれますよね。

これが分かりやすいローカルSEOの仕組みですね。

 

みんながみんな近くのって言ったり、検索窓に入れたりするわけではないので、

 

『自分が今いる場所からその検索ワードに対して近くのお店を優先して表示させてくれる仕組み』

 

と理解して頂ければ分かりやすいと思いますね。

 

 

普通の検索とどう違うの?

実際に検索してみた結果を画像にしてみました。

それが下記の画像になります。

ローカルSEOが反映されてる場合のスマホの画面

こんな感じでほっともっとを近い順に表示してくれていますね。

では、下にスクロールしたらどうなってるか見てみましょう。

 

ローカルSEOと自然検索の画面

その他の場所って書いてあるところを押したら、もっと広範囲なローカル情報を見ることが出来ますが基本的には3件表示されるようですね。

そして、もっと見るの下のとこからが自然検索で表示される部分になります。

 

自然検索というのは、ホームページとかブログとかのことですね。

 

まずは自分が今いる場所に近いところから先に表示されるので、タップされる確率も上がります。

タップされてお店の情報を詳しく書いていればこのお店に行ってみよう。

という行動に繋がりますので、ローカルSEOってのは見逃せませんよね。

 

ローカルSEOに向いてる業界・向かない業界

実際にお店に足を運んでもらって、お店で商品を購入して頂く、サービスを提供してもらうなどの行動に結びつく業界であれば相性がいいですよね。

逆に電話で済んでしまう業界、足を運ぶ必要のない業界などは、あまり大きな恩恵を受けないかもしれません。

 

まとめ

自分はお店を持ってて、何年もここでお店を構えてるんだからこの周辺で私のお店を知らない人はいないよね、って思ってしまうかもしれませんが案外そうではありません。

大通りに面していればそれは通用するかもしれませんが、1つ入った通りになればまだ1度も通ったことのない道である可能性もあります。

 

積極的に自分のお店をインターネットの中で認識してもらい、お店に足を運んでもらう工夫をしないといけませんね(^ ^)

最初のコメントをしよう

必須